2012年02月29日

ネオンテトラ

ネオンテトラはレッドとブルーの
蛍光色の模様が入る有名な熱帯魚です。

ネオンテトラ画像
tetora.jpg

熱帯魚ショップでもダイヤモンドテトラと、
やや大きめのカージナルテトラがよくいます。
他の熱帯魚の種類にはオレンジのラインが特徴的なグローライトテトラや、
赤い顔のラミーノーズテトラなど多種類います。

ネオンテトラの餌には、メダカ用のエサや
小さな人口飼料を一日2回ほど与えます。
与えすぎると腐敗して、水槽の水を汚してしまうので
気をつけてください。

混泳はおとなしいテトラの仲間、
プレコやコリドラスとオトシンクルスとも大丈夫です。

熱帯魚図鑑でも最初のページに出てきます。
熱帯魚の中でグッピーと並ぶほど
ポピュラーな種類です。
posted by nettaigyo at 13:53 | ネオンテトラ | 更新情報をチェックする
2012年02月20日

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ(南沼蝦)は純淡水の小さなエビです。
大きさは2〜3cmで、寿命は一年ほどです。

ミナミヌマエビの体色は半透明なやや白色です。
個体によっては、少し緑色だったり薄く黄色がかったものなどがいます。

餌(エサ)は、苔(コケ)や熱帯魚の残り餌などを食べます。
水槽内のお掃除役として、大変役に立ちます。

熱帯魚店では、一匹50円〜100円で販売されています。

水槽内に中型魚や大型魚がいると食べられてしまいます。
混泳する場合は、テトラやグッピーなどの小型魚にしましょう。

ミナミヌマエビは水槽内で抱卵して、稚エビを産みます。
しかし、小型魚などの熱帯魚がいると食べられてしまいます。
親エビが抱卵したら、水槽内の産卵箱に移すか、他の水槽へ隔離しましょう。
posted by nettaigyo at 16:23 | ミナミヌマエビ | 更新情報をチェックする
2011年11月16日

クーリーローチ

クーリーローチは、体長が4〜7cmほどのアジア産のドジョウの仲間です。

おとなしく、成長しても大きくならないので、熱帯魚水槽内で小型魚との相性が良いです。

クーリーローチの習性は、どじょうの仲間なのでよく砂利の中にもぐります。

水槽内では、底に落ちた熱帯魚の残餌や食べかすを食べてくれるので、お掃除屋さんとして活躍します。
食べ残しは水槽内の水が汚れる原因となるので、クーリーローチが役立ちます。

体色は、黄色やオレンジ色に黒い太いバンドが何本も入っています。
採取地によって柄や体色が少しずつ違います。

熱帯魚の中でも、独特の動きや愛嬌のある顔立ちをしておりクーリーローチは人気があります。
熱帯魚ショップでもよく見かける事が多いと思います。
posted by nettaigyo at 05:25 | クーリーローチ | 更新情報をチェックする
2011年02月21日

オトシンクルス

オトシンクルスは水槽の苔取りとして大変役に立ちます。
ガラス面や水草についた緑色のコケを食べてくれます。

しかし、コケだけでは餌が足らずに餓死してしまう事が多いです。
熱帯魚用の沈下性のエサを、一日一回与えてください。

オトシンクルスの性格はとてもおとなしいので、他の熱帯魚に危害を加えたりしません。
小型魚が食べ残した餌も食べてくれるので、熱帯魚水槽のお掃除役としても混泳にお勧めです。

熱帯魚店で、オトシンクルスは一匹200〜300円で売られています。

茶色の体色をしたオトシンネグロ(オトシンクルスネグロ)や、白黒のストライプが綺麗なゼブラオトシンクルスなどが、熱帯魚ショップで販売されています。
posted by nettaigyo at 05:50 | オトシンクルス | 更新情報をチェックする
2010年09月09日

タイガープレコ

タイガープレコは、プレコの仲間です。
アマゾン河流域に生息していて、黒地に黄色のゼブラ模様が入りまさしく虎柄という外観です。
黄色のバンドが細い魚や太い魚など種類が多く、様々な個体差があります。

体長は5〜6cmほどの小型魚で、飼育方法は容易です。
餌は沈下性のエサか、プレコフードを与えましょう。
流木を齧る事を好みます。

飼い方は普通の熱帯魚と同じで、温度は36℃前後にしてオートヒーターとろ過装置を用意します。

タイガープレコはコケを食べるので、熱帯魚水槽の苔対策にもなり人気の熱帯魚です。
60cm水槽に一匹入れておくと水槽のガラス面に緑色の苔が生えません。

繁殖には、小さい土管など隠れ家をいくつか用意してやるとよいです。
熱帯魚屋さんが近くにない場合は通販を利用すると便利です。
タイガープレコの価格は、熱帯魚ショップでは400円〜1000円前後です。

おとなしい性格なので、グッピーとテトラやオトシンクルスなど小型熱帯魚と混泳できます。
中型魚や大型魚には、小型のタイガープレコは食べられてしまう可能性があるので、混泳不可です。

posted by nettaigyo at 07:22 | タイガープレコ | 更新情報をチェックする
2010年04月12日

ミドリフグ

ミドリフグは、背中が緑色で黒い斑点模様の汽水域に生息するフグです。
汽水というのは、淡水と海水が混ざりあう河口付近一帯の地域を指します。

純淡水で飼育していると、病気になりやすくなったり寿命が短くなってしまったり、沈んで動かなくなったり黒くなってきたりします。

汽水域は塩分とミネラルが豊富なので、純淡水の飼育ではミドリフグは体調を崩しやすくなります。
熱帯魚屋さんで販売されている「海水のもと」のようなものを使い水槽の飼育水を作りましょう。

みどりふぐの餌(えさ)は、エビやオキアミ、タニシや貝類、イトメ(イトミミズ)を食べます。
フグの仲間はお腹が減りやすいので、一日に2回前後エサを与えるようにします。

汽水フグや淡水フグなどふぐの仲間は、歯が生えており性格が荒いため、同種同士でケンカを始めてしまいます。
他種の熱帯魚にも噛みついてしまうので、水槽では単独飼育をしましょう。

ミドリフグに追われても自然界では逃げられる場所があるのですが、狭い水槽内ではどちらかが一方的にいじめられてしまいます。
ヒレがボロボロになって病気になって弱ってしまったり、体を噛み付かれて死んでしまう事もあります。
posted by nettaigyo at 20:47 | ミドリフグ | 更新情報をチェックする
2010年03月19日

ヨシダフィッシュファームズ

ヨシダフィッシュファームズは、東京都八王子市にある熱帯魚ショップです。

中規模の熱帯魚店で、水草はもちろん日本淡水魚の金魚や鯉、熱帯魚や水槽などの飼育用品が販売されています。
掃除や水槽の管理もしっかりされていて、綺麗な店内です。

併設されている園芸店で観葉植物を購入する事もできます。
隣にはスーパーいなげやがあり、お買い物にも便利です。

住所は、〒192-0362東京都八王子市松木15−3で、京王堀の内駅から徒歩20分前後くらいです。

ヨシダフィッシュファームズのホームページ
http://yoshida-fish-farms.com/
電話番号042-676−7111
営業時間10時〜20時(火曜は10時〜18時)
posted by nettaigyo at 07:25 | 熱帯魚 | 更新情報をチェックする
2009年04月20日

プラティ

プラティは、グッピーよりやや大きい卵胎生のメダカの一種です。

割とおとなしい性格なので、熱帯魚水槽の混泳向きです。

体長は4cm〜8cmほどになります。

プラティの体色は、赤色や黄色、黒色やミッキーマウスの模様のミッキーマウスプラティなど様々な種類がいます。
色がカラフルなので人気があります。

卵胎生なので、卵ではなく稚魚を産みます。
プラティの雄と雌がいる水草が多い水槽では数が増えてしまう傾向にあります。

生息地域は、主にメキシコに分布しています。
posted by nettaigyo at 05:01 | プラティ | 更新情報をチェックする
2009年02月27日

アヌビアスナナ

アヌビアスナナはとても丈夫な水草です。
深緑色をしています。

熱帯魚店でよく販売されている水草です。

葉や茎が水中植物にしては硬いので、アヌビアスナナは中型魚や金魚などにも食べられません。
その上、ライトや太陽光があまり無くても、育つ事が出来ます。

たこ糸や輪ゴムで、水槽内の流木や石に活着させることができます。
アヌビアスナナは成長が遅いので、活着するまではしばらくの期間がかかります。

熱帯魚水槽に入れたりするのはもちろん、水草アクアリウムにしたい場合にもお勧めです。

大型のアヌビアスバルテリーや、薄い緑色のアヌビアスゴールデンなどの種類もあります。
posted by nettaigyo at 05:08 | アヌビアスナナ | 更新情報をチェックする
2009年02月25日

オトシンネグロ

オトシンネグロ(オトシンクルスネグロ)は、水槽のコケ取り役として便利です。
水草の葉についたコケやガラス面の緑色の苔を食べます。

生息地は、ネグロ川流域です。
体色は茶色で、やや平べったい体形です。

オトシンネグロ(オトシンクルスネグロ)は、苔だけではお腹が減って餓死してしまうケースがよく起こります。
熱帯魚用のプレコフードなどの沈下性の餌を、一日一回与えてあげてください。

性格は非常に温厚でおとなしい小型魚です。
他の小型熱帯魚との混泳にもお勧めです。

熱帯魚店でよく販売されている通常のオトシンクルスよりも、丈夫でこけ取り能力が高いとも言われています。

オトシンネグロ(オトシンクルスネグロ)は熱帯魚ショップで、一匹300〜600円で売られています。
posted by nettaigyo at 10:28 | オトシンネグロ | 更新情報をチェックする
2009年02月17日

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビは、水槽内の苔(コケ)や餌(エサ)の食べ残しを取って食べてくれます。
熱帯魚のタンクメイトとして入れておきたいエビです。

ヤマトヌマエビの体長は3〜5cmほどになります。
透明な体をしており、模様として黒い斑点があります。

寿命は約1〜3年です。
産まれたエビは幼生期に、淡水から汽水域を経て海水で育ちます。

ヤマトヌマエビが抱卵しても、淡水の水槽内では数が増えることはありません。
水槽内で、自然下の汽水域や海水の条件を作ることが難しいため、繁殖は難しいです。

熱帯魚の水槽内に中型魚や大型魚がいると食べられてしまうので、混泳は小型魚のみ可能です。

似たエビの仲間として、体長2〜3cmで純淡水に生息するミナミヌマエビがいます。
posted by nettaigyo at 03:05 | ヤマトヌマエビ | 更新情報をチェックする
2009年02月14日

ビーシュリンプ

ビーシュリンプはエビの仲間で、白と黒のストライプ模様をしており人気のエビです

体長は1〜2cmほどの小さな淡水エビです。
熱帯魚水槽の水質の変化に少し弱いです。

ビーシュリンプは、苔(コケ)を食べてくれます。
ウィローモスや水草をたくさん水槽に入れると良いです。

苔(コケ)が減って無くなってきたら、エビ用の餌(エサ)を与えてください。
もしくは沈下性の緑色をしている草食用エサを与えて下さい。

グッピーやメダカなどの小型魚より大きい熱帯魚には食べられてしまうので、小型魚以外は混泳不可能です。

ミナミヌマエビと混泳可能ですが、ヤマトヌマエビやスジエビ(モエビ)などとは混泳しない方が良いです。

熱帯魚ショップでは200円〜100円前後で販売されています。

熱帯魚店では、ビーシュリンプのアルビノ種のクリスタルレッドビーシュリンプが高値で売られています。
赤と白の縞模様で大変人気です。
クリスタルレッドビーシュリンプは500円〜2000円の値段で販売されています。

楽天のビーシュリンプで検索すると買物に便利です。
posted by nettaigyo at 18:07 | ビーシュリンプ | 更新情報をチェックする
2009年02月13日

アベニーパファー

アベニーパファーは、純淡水の小型フグです。

フグ類は水を汚しやすいので、水槽はなるべく大きめの物を用意します。
45cm以上の水槽や、60cm水槽が良いです。

アベニーパファーの餌は、冷凍アカムシです。
一日あたり1〜2回与えてください。
熱帯魚店の活エサのイトメ(イトミミズ)をあげてもよいです。

熱帯魚用のフレーク状の人工飼料の餌や小型エビのクリルは、食べない場合が多いです。

ろ過装置は、ろ過能力が高いものを選んで下さい。
淡水フグは水を汚すので、2個つけてもよいです。
水流が激しいものは避けてください。

熱帯魚のフグは、基本的に単独飼育しかできませんが、アベニーパファーは複数飼育が出来ます。
2〜3匹だと1匹の弱い個体がおいやられてしまうので、飼い方としては、4匹以上での飼育が望ましいです。

複数飼育する場合は、追いかけられても逃げ込めるように、水草や流木を使って水槽レイアウトを複雑にしてあげてください。

アベニーパッファーが熱帯魚のヒレやウロコをかじってしまうので、多種との混泳は不可能な場合が多いです。
逆に、泳ぎが速い魚や気の強い魚からアベニーパファーがいじめられる場合もあります。
posted by nettaigyo at 05:29 | アベニーパファー | 更新情報をチェックする
2009年02月07日

イシマキガイ

熱帯魚水槽のガラス面や砂利に、緑色のコケ(苔)がついてしまう事がよくあります。

イシマキガイ(石巻貝)は水槽のガラス面などのコケを食べてくれます。

小型魚ならイシマキガイとの混泳ができます。
いしまきがいは泳いでいる熱帯魚はおそいません。

タニシ(たにし)は二匹以上が水槽にいると子タニシを産んで繁殖して数が増えていきますが、石巻貝なら増えることはありません。

しかし水槽内に、白い2〜3mm程度の卵は産みます。
イシマキガイは汽水域の生物なので、ふ化はしません。

石巻貝の生息地は汽水域なので、少し塩を水槽に入れてください。
純淡水では長生きしません。
posted by nettaigyo at 06:12 | イシマキガイ | 更新情報をチェックする
2009年01月18日

底砂

底砂を水槽に入れると、熱帯魚の見栄えが良くなるし、水草を植えやすくなります。
なるべく厚めに敷くと植えやすくなります。

水草はピンセットを使って、植えていきます。
根元を傷めないように、軽くつかむと良いです。


底砂熱帯魚水槽に入れると、ろ過能力が上がります。
砂や小石の表面にろ過バクテリアが付着するためです。

水槽に底砂がある場合と無い場合では、水質浄化能力がかなり違ってきます。

しかし、熱帯魚の糞(フン)や食べ残しが底砂にたまってしまうため、水換えの時に、底にたまった汚れも吸い取る熱帯魚用品を使って、汚れを取り除きましょう。


大型熱帯魚を飼育する場合は、フンや食べ残し、食べかすがすごいため、掃除がすぐしやすいようにあえて底砂を入れない(ベアタンク)事もあります。
posted by nettaigyo at 05:29 | 底砂 | 更新情報をチェックする
2008年11月05日

かねだい

かねだい熱帯魚店のショップ内は広く、店舗の大きさは中型店から大型店です。

熱帯魚や淡水魚と海水魚はもちろん、水槽用品や水草も販売しています。
かねだいでは値段が安く、格安で販売されています。

熱帯魚の他にペットショップ内には昆虫も売っています。
犬猫やオウムなどの鳥類、ハムスターなどの小動物も売られています。

かねだいの熱帯魚ショップは本町田店、草加店や戸田店他たくさんの場所にあります。

かねだいでは、ネットショップ通販はしていないのですが、熱帯魚セールや器具セールが毎週土日に開催されています。
posted by nettaigyo at 03:17 | かねだい | 更新情報をチェックする
2008年07月15日

ティアラ

ティアラ熱帯魚店のショップ内は広く大型店で、水草が豊富です。

ティアラ熱帯魚は、町田にありましたが横浜に移転しました。

ティアラ横浜店は一階には水草や熱帯魚用品があります。
二階には、熱帯魚や淡水魚が販売されています。
三階には海水魚を販売しています。

ティアラ横浜店
営業時間は、12時〜20時です。
月曜火曜休みが基本のようです。
住所は、神奈川県横浜市旭区中希望が丘198-10になります。

ティアラ大宮店は、埼玉県さいたま市中央区円阿弥3-6-18 にあります。
posted by nettaigyo at 01:29 | ティアラ | 更新情報をチェックする
2008年07月06日

楽しい熱帯魚

楽しい熱帯魚は熱帯魚専門誌で、毎月発売される月刊誌です。

楽しい熱帯魚には月ごとに特定の熱帯魚の特集が組まれていたり、飼い方の基本や水草など新種紹介もあります。

楽しい熱帯魚の発売日は毎月11日前後です。

書店でも置いてあることが多いです。

熱帯魚ショップでは、楽しい熱帯魚のバックナンバーが置いてある事が多いです。

好きな魚種が特集されている楽しい熱帯魚を購入すると飼育の秘訣などが書いてあり参考になります。
posted by nettaigyo at 12:41 | 楽しい熱帯魚 | 更新情報をチェックする
2008年07月05日

飼育方法

熱帯魚飼育方法は、簡単です。
毎日1回の餌やり、1〜2週に一度1/3程度の水槽の水換えを行います。
1〜2ヶ月に一度のフィルターの掃除をします。

熱帯魚の飼育方法で注意する事は、エサをやりすぎない事です。
餌を与えすぎると、熱帯魚が肥満になったり病気や短命になります。
食べ切れなかった残餌が、水槽の飼育水を汚してしまいます。


熱帯魚飼育方法では、最初が難しいのです。
初心者が飼う時は慎重にやらないと熱帯魚が全滅してしまいます。

熱帯魚飼育方法として、基本的な水作りと、バクテリア作りで多くの初心者が失敗してしまいます。

熱帯魚飼育方法の水作りでは、塩素を中和するためのカルキ抜き(ハイポ)をバケツにいれます。
アクアセイフなどの重金属中和剤もいれます。バケツの水を混ぜて15分ほどしたら、水槽に静かにいれます。

熱帯魚飼育方法のバクテリア作りについてです。
水槽にタニシかヤマトヌマエビもしくはアカヒレを合計2〜3匹いれて、二週間ほどろ過機をまわします。
これらの最初に入れてバクテリア作りを助ける生物を、パイロットフィッシュといいます。

熱帯魚飼育方法で、一番重要な部分です。
パイロットフィッシュを入れてろ過機をまわし、二週間ほどしたら、飼いたい熱帯魚をゆっくり水合わせしながら、20分から30分かけてならし入れます。

ろ過機は24時間まわしっぱなしにして下さい。
止めると熱帯魚が死ぬので気をつけて下さい。
一ヶ月の電気代は100円から200円程度です。

バクテリア作りはおろそかにすると、熱帯魚が全滅してしまいます。
バクテリア作り、とても大事な飼育方法です。
posted by nettaigyo at 16:38 | 飼育方法 | 更新情報をチェックする
2008年06月05日

飼育

熱帯魚飼育において、ろ過機とサーモスタットとヒーター(もしくはオートヒーター)は、つけっぱなしにします。

水槽での熱帯魚飼育は、毎月の電気代が百円程度で、ヒーターがよく作動する冬場でも百円から数百円程度です。

熱帯魚飼育では、一日1〜2回の餌(エサ)を与えます。
えさの腐敗で水が汚れるので、やりすぎに注意してください。
5分〜10分で食べきれない分は、スポイトやピンセットや網(アミ)などで取り除きます。

熱帯魚飼育方法で、朝と夜の区別をつけてあげる事も重要です。
淡水魚であっても生物なので生態リズムがあり、夜は寝ます。
ライトを消し部屋を暗くしましょう。

熱帯魚飼育で気をつけることは、病気にならないように水換えを一〜二週間に一度、三分の一から四分の一程度する事です。
熱帯魚が病気になってからでは、白点病以外はなかなか治らないものです。
posted by nettaigyo at 10:14 | 飼育 | 更新情報をチェックする

  私も発毛しました。お勧めです。 http://wakahage.seesaa.net/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。