2008年05月21日

水槽

熱帯魚水槽には、ガラス水槽とアクリル水槽があります。
傷付きにくいというメリットがあるので、販売されているのはほとんどガラス水槽です。

熱帯魚水槽は、大きいサイズほど水が安定して管理が楽になります。
60センチ水槽では、テトラやグッピーなどの数種類の小型魚もしくは中型魚の熱帯魚を入れることが出来ます。

最近の熱帯魚の流行は60cm以下の小型水槽ですが、すぐに水が汚れてしまい水質の変化が激しいです。
小型水槽だと換水の手間が増え、熱帯魚の生体を維持していくのが難しめです。

小型水槽は、初心者向きの水槽ではありません。
小型魚飼育でもできれば、60cm水槽や45cm水槽以上の規格水槽が熱帯魚のためによいです。

90センチや120センチ以上の大型水槽では、中型魚から古代魚のアロワナやガーなどの大型魚の熱帯魚を飼育することが出来ます。

水槽は小型水槽でも大型水槽でも、大きさに対してろ過容量が大きめのろ過機を設置すると熱帯魚に良いです。

ろ過層が大きい方が、ろ過バクテリアもたくさん繁殖しやすいためです。
水槽が熱帯魚のフンや残餌で汚れても、ろ過バクテリアが有害なアンモニアをすぐに亜硝酸へと分解してくれます。

楽天の水槽ランキングで検索すると便利です。
posted by nettaigyo at 05:35 | 水槽 | 更新情報をチェックする
2008年05月14日

飼い方

熱帯魚飼い方には、秘訣というかコツがいくつかあります。

まず熱帯魚飼い方を手順を追って説明します。
水槽と砂利とろ過機を、しっかりした台にセットします。
熱帯魚水槽に水が入るとものすごい重量の重みになるので、頑丈な水槽台が良いです。

熱帯魚飼い方の手順として次は水作りです。
水作りには、カルキ抜きであるハイポを水10リットルに対し一粒いれて軽く混ぜて10分くらいおいておきます。
そして、重金属を無害化するテトラアクアセイフ系の物を適量いれ軽くまぜて10分くらいおいておきます。

今度は熱帯魚の飼い方として重要なバクテリア作りです。
パイロットフィッシュとして、ヤマトヌマエビかアカヒレかタニシを2匹〜6匹いれます。
ろ過機はスイッチを24時間ずっとまわします。ろ過器がとまってしまうと熱帯魚は死んでしまうので気をつけて下さい。

二週間程度、この状態にして水作り、つまりろ過バクテリア作りをします。
二週間後にろ過バクテリアが定着するので、ようやくここで飼いたい熱帯魚をいれます。

飼い方の中でとても大切な部分です。
この2週間をおろそかにすると、アンモニアを分解するバクテリアが増殖していないので、アンモニアで熱帯魚が死んでしまいます。
posted by nettaigyo at 23:47 | 飼い方 | 更新情報をチェックする

  私も発毛しました。お勧めです。 http://wakahage.seesaa.net/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。