2009年02月17日

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビは、水槽内の苔(コケ)や餌(エサ)の食べ残しを取って食べてくれます。
熱帯魚のタンクメイトとして入れておきたいエビです。

ヤマトヌマエビの体長は3〜5cmほどになります。
透明な体をしており、模様として黒い斑点があります。

寿命は約1〜3年です。
産まれたエビは幼生期に、淡水から汽水域を経て海水で育ちます。

ヤマトヌマエビが抱卵しても、淡水の水槽内では数が増えることはありません。
水槽内で、自然下の汽水域や海水の条件を作ることが難しいため、繁殖は難しいです。

熱帯魚の水槽内に中型魚や大型魚がいると食べられてしまうので、混泳は小型魚のみ可能です。

似たエビの仲間として、体長2〜3cmで純淡水に生息するミナミヌマエビがいます。
posted by nettaigyo at 03:05 | ヤマトヌマエビ | 更新情報をチェックする

  私も発毛しました。お勧めです。 http://wakahage.seesaa.net/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。