2008年06月05日

飼育

熱帯魚飼育において、ろ過機とサーモスタットとヒーター(もしくはオートヒーター)は、つけっぱなしにします。

水槽での熱帯魚飼育は、毎月の電気代が百円程度で、ヒーターがよく作動する冬場でも百円から数百円程度です。

熱帯魚飼育では、一日1〜2回の餌(エサ)を与えます。
えさの腐敗で水が汚れるので、やりすぎに注意してください。
5分〜10分で食べきれない分は、スポイトやピンセットや網(アミ)などで取り除きます。

熱帯魚飼育方法で、朝と夜の区別をつけてあげる事も重要です。
淡水魚であっても生物なので生態リズムがあり、夜は寝ます。
ライトを消し部屋を暗くしましょう。

熱帯魚飼育で気をつけることは、病気にならないように水換えを一〜二週間に一度、三分の一から四分の一程度する事です。
熱帯魚が病気になってからでは、白点病以外はなかなか治らないものです。
posted by nettaigyo at 10:14 | 飼育 | 更新情報をチェックする

  私も発毛しました。お勧めです。 http://wakahage.seesaa.net/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。