2009年02月13日

アベニーパファー

アベニーパファーは、純淡水の小型フグです。

フグ類は水を汚しやすいので、水槽はなるべく大きめの物を用意します。
45cm以上の水槽や、60cm水槽が良いです。

アベニーパファーの餌は、冷凍アカムシです。
一日あたり1〜2回与えてください。
熱帯魚店の活エサのイトメ(イトミミズ)をあげてもよいです。

熱帯魚用のフレーク状の人工飼料の餌や小型エビのクリルは、食べない場合が多いです。

ろ過装置は、ろ過能力が高いものを選んで下さい。
淡水フグは水を汚すので、2個つけてもよいです。
水流が激しいものは避けてください。

熱帯魚のフグは、基本的に単独飼育しかできませんが、アベニーパファーは複数飼育が出来ます。
2〜3匹だと1匹の弱い個体がおいやられてしまうので、飼い方としては、4匹以上での飼育が望ましいです。

複数飼育する場合は、追いかけられても逃げ込めるように、水草や流木を使って水槽レイアウトを複雑にしてあげてください。

アベニーパッファーが熱帯魚のヒレやウロコをかじってしまうので、多種との混泳は不可能な場合が多いです。
逆に、泳ぎが速い魚や気の強い魚からアベニーパファーがいじめられる場合もあります。
posted by nettaigyo at 05:29 | アベニーパファー | 更新情報をチェックする

  私も発毛しました。お勧めです。 http://wakahage.seesaa.net/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。